2007年07月15日

『現代の香港を知るKEYWORD888』

2007年7月1日は、香港返還10周年だったことをご存知ですか?
その10周年を記念して、香港キーワード事典

『現代の香港を知るKEYWORD888』

が出版されました。

精選した888のキーワードが香港の衣・食・住・交通・芸能・
観光・言語・文化・経済・歴史・政治をカバー。
まさに香港の森羅万象を語りつくします。

<特徴>
★888の項目に、日本語・広東語・英語の見出しを付し、広東語発音記号をも添える
★すべての項目に001〜888の項目番号を付し、関連の強い項目に参照項目・番号を表示
★本文はおおむね400〜600字の簡潔な説明
★眺める楽しさも加える、豊富な写真と地図・図版
★香港各分野に精通する全12名の筆者で執筆
★巻末に全888項目のアイウエオ順索引、地名索引、人名索引を掲載
★筆者グループが独自のインターネットサイトを同時に立ち上げ、内容を深耕

編著者 小柳淳 田村早苗
    ★ 香港各分野に精通する全12名の筆者で執筆

発 行 株式会社 三修社

香港888.jpg
定 価  ¥2,800+税
ISBN  987-4-384-01198-2 C0025

初めて香港を訪れたのは、1992年の大学生の時に妹との二人旅。
まだ自分も慣れない海外旅行(初めての海外は台湾。次が香港)で、
初海外の妹を連れて、ガイドブック片手にあちこち緊張してまわったことを覚えています。

その後、香港へはしばらく行く機会はなかったのですが、
香港が大好きな主人と出会ってから、香港に行く機会が増えました。
2000年に主人と香港に行った時には、現地で主人の香港好きのグルメ仲間と
合流(オフ会)して、香港ならではの美食料理を満喫し、だんだんとディープな香港を知るようになりました。

主人は、香港ならではのトラムやバスに乗って、ただ街をぐるぐる周るだけでも幸せを感じる人なんですが、私は来たからにはあちこち周りたい。
なので、あっちへ行きたい、こっちへ行きたいといつもひっぱりまわします。
香港の合羽橋と言われる上海街、ヒスイ市、上環の乾物屋さんなどを周り、香港のデザート屋さんをはしごするのが好きです。

でも、私にはまだまだ知らない香港の世界があります。
そんな私にも必要なのが『現代の香港を知るKEYWORD888』!

実は、私もほんの一部だけ執筆させて頂いています。
しかも、うちの主人も執筆しているので、初の夫婦共著!?(笑)

私はまだ香港暦は4回という未熟者なので、香港のお茶事情には詳しくなく、
香港に詳しい友人・知人にいろいろ教えて頂きながら、なんとか原稿を書き上げることが出来ました。

『現代の香港を知るKEYWORD888』は、
香港好きの方にはもちろん、まだあまり香港を知らない方にもお勧めの本です。
一般的なガイドブックには紹介されていない事柄を知って、香港へ旅行したら、また違った香港を感じられると思いますよ。

特に私のような台湾リピーターの方にも、香港は魅力的な街だと思います。
ぜひ、『現代の香港を知るKEYWORD888』をお手にとってご覧になって下さい。

★関連Webサイト
香港888發發発(筆者紹介グループサイト)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hongkong/888.html
香港写真百科
http://morimorihongkong.gateau.jp/top01.htm
Asiantic Page!
http://ashinobu.hp.infoseek.co.jp/
香港巴士鐵路旅遊協會
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hongkong/
香港巴士鐵路旅遊協會のリンクページ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hongkong/Links.html



posted by オリエンタル at 13:31| Comment(4) | 店長のオススメ!
この記事へのコメント
香港!
一度も行ったことがありませんが、憧れます。
知り合いの女の子が香港の人と一時期結婚していたので、
そのうち行けるなと思いつつ・・・。
チャンスを逃しました(苦笑)
それにしてもご夫婦で執筆とはすごいです!!
本屋で探してみます。
Posted by おいら at 2007年07月16日 23:09
おいらさん、コメントありがとうございます。
一時期・・・とは残念でしたね。(苦笑)
香港は魅力的な国ですので、ぜひ一度機会を作って行ってみて下さい。
Posted by TEA ROOM 東方美人 店主 at 2007年07月17日 17:44
はじめまして。他ブログで「東方美人」の紹介記事をよみ、こちらのサイトに辿りつきました。
私自身は、台湾、香港、上海、北京と、各都市1回きりですが、観光で数日間ずつ滞在したことがあります。どの都市でも、友人とお茶を楽しみましたが、台湾ではじめて「凍頂烏龍茶」を飲んだときには、その美味しさに、まさに「目からうろこ」が落ちました。お茶を入れた後の葉っぱも甘くて美味しくて…モリモリ食べられる!!と思いました。
御紹介されている本、面白そうですね(夫婦共著というのが、また素敵ですね)。さっそく図書館で予約致しました。香港再訪の思いをかきたてられそうです!
Posted by 相模大野一年生 at 2007年07月31日 18:40
相模大野一年生様
コメントありがとうございます!
相模大野にお住まいなのでしょうか。ぜひ、お立ち寄り頂ければと思います。その際はお声をおかけくださいね。
Posted by TEA ROOM 東方美人 店主 at 2007年07月31日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。